あいつ嫌な奴

って思ったら磁石を思い浮かべると良い。

 

磁石はS極とS極は同じなのに反発して
S極とN極は違う要素があるから惹きつけ合う。

 

自分から見て他者に自分に無い要素を見出した時に
他者の最大限の良さを見ることができて
同じ要素を探して近づこうとすれば反発し合う。

 

同じ志があって「私達同じだね!」って
仲良しになって近づけは近づく程に
同じの中の違いが見えて幻滅し反発する。

 

 

例えば世界を良くしたいと思う人に
革命的な人と保守的な人が居る。

 

この人たちは何故反発するのか?

真反対だから?

 

違う。

根源は「同じく世界を良くしたい」と思ってるから

 

真反対の多様性の価値を観ずに
同じ世界を良くしたい者同士として見るから反発し合う。

S極同士と一緒。

 

 

同じものを見ず多様性を観た時に
自分には無い要素に必ず惹かれ憧れる。

 

誰一人同じ人は存在せず
同じ志も同じ想いも同じ形も存在せず
みんな違ってその多様性に価値があるんだと
受け入れた時に人は惹きつけ合う。

 

あいつは私の反対側の人間だから嫌いだと思うのは

実は自分と同じ要素を見出してるに過ぎない。

 

だから、
嫌だと思ったら同じ方向性を観ず
その自分には無い多様性を観てみよう。

 

そうすれば

本来のありのままの姿が観えてきて、
リスペクトする事ができ心穏やかになる。