人を信用できない人は
まず自分が信用できる人間に
ならないといけな

 

「いや、こいつらが信用に値する人間なら信用できる」

と言う人もいるけど、
そもそも信用しない人に
人は信用しないわけ。

 

この逆説的な意味がわかると
現実が大きく変わっていく。

 

 

自分を信用できるようにするには
まず自分が決めたことをやること。

 

何かビジネス始めますって言って
嘘の言い訳で「やっぱりキャンセルします」
って言う人も稀に居るけど、

「この人は人を信用できないだろうな」って思う。

自分との約束を破ってるからね。

 

なので、

自分を信じられない人間にしてるし
更には人を信じさせないわけ。

 

人を信じさせないから
人が付いてこなくて、

人が付いてこないから
結果が付いてこないわけ。

つまり貧乏になるわけ。

 

何の?

エネルギーの。

 

お金も人脈もチャンスも
エネルギーで出来てて象徴でしかない
これらを手にすることは
その悪い癖を治さない限りまず不可能。

 

 

お金が無いのは、
国が悪いわけでも  社会が悪いわけでも
会社が悪いわけでも  他人が悪いわけでもなく。

 

全ての出来事は
自分で招き入れてる結果に過ぎない。

だから

速効性は無いけど悪い習慣は辞めよう。