直感の通りに生きよう。

何にとらわれることも無く
誰に指図されるわけでも無く
直感のままに生きる事が正しい。

 

当然その直感は
ある領域では失敗かもしれないけど

その経験や体験こそがかけがえなく
あなたが人生を生きていく上で
より良く生きるための糧になって
経験すればするほど直感の精度が上がっていく

 

 

誰かの正解に捉われず
自分らしく生きよう。

ってだけ言うと勘違いしちゃうんだけど、

 

怠惰さや逃げることは
自分らしさとは違う。

 

出来ない言い訳で精神世界に逃げて、
出来ない自分を「自分らしさ」と
肯定する人も居るけど

本当にそうかな?

 

やるべきことはやって
乗り越えるべきことは乗り越えて
学ぶべき事は学んで
経験すべき事は経験しなければならないかも。

 

「逃げる事が私の人生です!!」
と堂々と逃げる事を誇れるならそれが正しいけど

多くの場合、逃げ続ける人生は
自分の人生じゃないと思ってるよね。

 

でも何故逃げるのか?

それは
相対性の世界から見たときに
否定され、批判され、傷つけられるから、

相対性、つまり常に誰かと比べて比べられる。

だから辛くて逃げてしまう。

 

でも、

本当の僕らは比べようもない
相対性な存在じゃなくて
絶対的な存在なんだから
本当の本当は比べる必要もない。

 

その比べようもない
唯一無二の本当の自分の直感から
行動を繰り返すと本当の自分がより解ってくるし、
後悔の無い人生を送れるかもね。

 

とは言うものの比べる必要がある時もある。

「じゃーどっちやねん?」

と思うかもしれないけど中道が大事、
つまりバランスが大事だね。