人生を生きる上でのポイントは2つあって

 

「素直に受け入れる」
「本と友は選べ」

 

ということ。

 

 

自分の正しさをいくら押し通しても
自分の正しさ以上の
結果は出ることは無くて

自分という原因の行動には
自分の知ってる範囲のことしか起きない。

 

だから

他者の意見をよく聞いて
その上で行動することが大事

 

 

だけど、その前提条件に
「本と友を選ぶ」必要があって
これが自分の人生の全てを左右する。

 

特に最近はブログかメルマガ程度の
稚拙な本が増えてるから

頭の悪い本ばかり読んでると
本当に頭が悪くなるし

人生を良くしていく本を読んでると
人生が良くなっていく

 

友とは師匠のことで
正しい師をつける必要がある。

もちろん周りの環境の友達も含めてね。

 

環境が
ヤンキーならヤンキーになるし、
シャブ中ならシャブ中になり、

明晰で聡明な人が多ければ
自分も明晰で聡明な人になる。

 

「孟母三遷」という言葉があるけど
孟子の母は三回引っ越したという意味で
その位に人や環境が与える影響は
あなたが思う以上に大きい。

 

「君子危うきに近寄らず」

今、

より良い人生を歩みだせたならば
昔の悪友には近づかず、
親すらも顧みず。

 

ただ一人で振り返らずに
正しい友の言うことを素直に聞き入れて

目の前の一歩を着実に踏み続けよう。